経済産業省によるマスク・消毒液の転売規制に関する最新情報

2月28日に、経済産業省による経済産業省によるマスク・消毒液の転売規制が発表されました。
令和2年3月14日(土)以降当分の間、ネットオークション等でのマスク及び消毒液の出品が自粛となります。

すでにメルカリでは1,000円以上のマスク出品を削除する対応が取られていましたが、Yahooオークションでも出品が規制されることになります。

これにより、転売業者による買い占めが少なくなり、マスクや消毒液が入手しやすくなることが期待できますね。

また合わせて「マスク・消毒剤の販売時の小ロット化の推進」も要請されました。
これに関してはインターネットで購入する際の、一枚あたりの単価が上がらないか心配ですね。

マスク、消毒液の適切な供給について(2月28日発表)

マスク・消毒剤のオークション出品の自粛

転売目的での買い占めを防止し、かつ既に転売目的で保有しているマスクを市場に供給するために、従来の高値取引の自粛から更に一段ふみこみ、一定期間後オークションへの出品自体の自粛が要請されました。
具体的には、Yahooオークション等のネットオークション事業者にて、令和2年3月14日(土)以降当分の間、マスク及び消毒液の出品の自粛されることになります。

マスク・消毒剤の販売時の小ロット化の推進

マスク・消毒剤がより多くの消費者の手に渡り易くするために、電子商取引での販売単位の見直し、適切な価格での小ロット化販売を推進が要請されました。具体的には、令和2年3月14日(土)以降の電子商取引において、適正な価格水準(従来市場での主要製品の流通価格を提示する等)を示しつつ、小ロットの商品のみの出品が可能になるよう販売事業者に要請されました。

詳細はこちら

ニュース